スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教からの導き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

theme : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
genre : 心と身体

人間関係の秘密 第2章 花祭り

上の写真は「花祭り」の写真です。動画もアップしました。
前のページで紹介忘れた、「光の家」の動画もあります。よかったら見てください。
一番下にURL貼り付けておきます。

 「花祭り」は私の故郷の奥三河に伝わる、古い形を残したままの伝統芸能・祭りです。
私は生まれた所に一切固執しません。しかし花祭りは好きです。
行って見るたびに感じますが、すべてがトラディショナル〔伝統〕なんです。タイムスリップの感覚が味わえます。僕が案内した人で、毎年行くようになってしまった人がいます。なぜか遺伝子が感じるのです。面白いんですね。

 僕は、もう一つ違う意味で面白いのです。それは農村共同体が、内側に抱えた問題、<蜂の巣一個で、一固体になったような社会>が個人の independence  individuality
  . originality(個性・自立)といった欲求に、どう対処していたかと言う事です。
 昔の村は衣食住を自分達でまかなう、自立型社会です。つまり閉鎖社会でもあったわけです。内側に向かうエネルギーだけで生活していたわけですね。徳川時代、鎖国していたのも、元々はそんなところから来ていたのかもしれません。つまり、毎日が同じ、同じ人の顔を見て生活してるわけです。そんな中では気持ちが溜まってしまいます。
 そこで1年に1度の祭りが発散・解放の時でなかったのかと考えています。
三日三晩踊ります。日常ではない真っ赤なお面をつけた、神様が舞い降りてきて、異次元を作り出すのです。別の次元・外の世界です。
 僕が行く「月部落の花祭り」は、他ではない独特の風習が残っていました。30年位前ですか。祭りもたけなわ、夜、酔いも回ってくると、村のおばさんやおじさんが口々に悪口を言うのです。「だれそれはケチだ!」とか「えらそうだ!・生意気だ!」と。
今は部外者(観光客)のほうが多いので、誰も言いません。つまらないですね。
 なぜ日本人はオバマを選べないのか(自民党しか選べないのか)、その答えの1つがここにある気がするからです。

 それでは<人間関係の秘密第2章>の始まりです。

http://jp.youtube.com/watch?v=CgtA_chJz2k  花祭り

http://jp.youtube.com/watch?v=GJDeQVIsmgI  ひかりの家そば打ち大会

虹見ました、今まで1番きれい!

大きな半円形を作って、地上に橋をかけていました。半分のドーナツ

この虹では登って行っても、天上界には行けない。

また地上に帰ってきてしまいます。

やっぱり、か!虹に登ってもどこにも行けない!

はっきりしました。

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

刈谷市 ひかりの家 そば打ち大会

   刈谷市 ひかりの家 ソバ打ち大会
 
 今年はカズエチャンが病気で行けなかった、ウーパーとヨシコさんが手伝ってくれた。ひかりの家は障害のあること無いこの混合保育所だ。
 お母さんたちが自ら施設を作った、僕のお気に入りの施設、市や県の施設ではない味わいがある。何より自由、自分が出せる、自分のままで居られる。
 たとえば、ソバアレルーギーが出るかもしれませんけど・・?という声に、名誉園長スミエサン「出たら救急車呼べばいいよ」、の一言。一生恐れて生きるか、ここで、耐性つけるか。鋭くきつい一発だった。
 何かふっ切れている、べとべとしない人間関係に(中にはそうでない人もいるので面白いのです)、自立を感じます。

 みんなでコネコネ、100食作って食べた。みんなお代わりして大人顔負けに食べる。自分で作ったものは美味しい。自分で取ったり・作ったりするのが人生の基本。
それをしなくなると、家畜やペットになり、免疫落ちる。

みんなでコネコネする。

 できたら、いっぱい食べる。

 

 

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

タイ・ビルマ研修旅行帰ってきました、。

  2週間旅行行ってきました。とっくに仕事いしてます。 元気になりました。
旅行の様子ユーチューブの動画で見れます。

http://jp.youtube.com/profile_videos?user=sekimotomario
パート1-バンコックとカンチャナブリ、近況
パート2-旧日本軍のタイ緬鉄道
パート3-山岳少数民族の民間学校・養護施設
パート4-北部国境とビルマ
パート5-哀愁  となっております。


                          旅あれこれ!!!!       

 先日新聞の記事。スピード違反で逮捕、住所不定・83歳男性。88年からオートバイで全国を交通安全を訴え移動、’02年から事故で車に乗り換え移動していた。
 んんん?これはホームレス。そして20年も旅をしている。いろんな意味ですごい!! 
僕の好きな「ポンポンおじさん」と同じ!。こういう人意外と多い(?)、車で移動ホームレス。しかも、自分の人生に何らかの意義を持たせている。この辺も僕と同じ。これも一つの旅なんだろう。
 タイであったスウェーデン人のユウノスも、アパートを引き払い、仕事もやめアジアを1年間旅する。こういう欧米の人結構多い、そして定住したりする。この気楽さにあきれ、おののく。
 最近、海外旅行、ワクワク・エキサイティング、とはならない。めんどう。行きたくないな~~と、半分思う。でも旅の途中から、馬力が出て、楽しくなり。帰ってきて、行って良かったな~~と、思う。でも1っか月は体力的に無理になった。欧米の人でも、50過ぎで長期バック・パッカーしている人は少ない。いても、安いゲストハウスで昼間からビール飲んですごしている。旅もガツガツできない。

 最近はバック・パッカーにも変化が出てきた。以前はインターネットカフェで、たむろしていた人達。今は、15インチの大きな」パソコンを持ち歩いて、電車やバスで開いている。「何してるの」と聞くと、「メモしてる」「ガイドを読んでる」。「仕事・・」休暇にならないだろうに。いい根性している。僕も日本にメールしようと思って、インターネットカフェに行って、写真をダウンロードしようとしたら、手が電気でビリビリしびれた。壊れてるよこのパソコン。結局メールは遅れなかった。こんなもんでよし。

 昨日はもう一つビッグ・ニュース。アメリカで黒人大統領誕生!
政策的には民主党も共和党もあまり変らないと思うけど、感動した!。対する共和党の現政権も歓迎のコメント、フランス大統領も、黒人である事への希望の表明。わが国の首相はこの点に触れず残念。人種差別は人類にとって最大の課題なのに。
 奴隷解放の歴史は・公民権運動の絶え間ず続けられた、差別されてきた人達の長い旅路の途中なのだ。旅はいつもハッピーエンドとは限らない、私にとって旅は「神の導きにそえるか・いないか?、問われている」、といつも思うのでした。
 

theme :
genre : 心と身体

プロフィール

関本塾 岡崎市

Author:関本塾 岡崎市
愛知県の山奥生まれ、岡崎市に住んでます。そば屋を27年、足つぼマッサージ7年、三味線も弾きます。
 趣味はたくさん、山登り・音楽(作詞・作曲)・オートバイ・旅行(バックパッカー)・手作り工作・猫のミーちゃん・生物医学、などなど、
 癌になって気付きました。心と体の開放(生き生きする事)が1番大事だって!!

Google自動翻訳
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。