人類の課題

2 これは心理学なのか?違います、生物学的社会学?。何それ??

 人は一人では人間にならない。しかし、一人になれない人間は、自分の人生を楽しめない。
 人の間と書いて人間。人と人間とは何かが違う。この深い洞察、すごくな~~い!。数千年も前、この漢字を考えた人の人生にいったい何が起こったのだろーか?。自分の人生を楽しむって事は、周りが決めた人生でなく自分の人生を生きる事。皆が楽しいから自分も楽しいのではなく、自分が楽しいから今ここに居る、なのです。

 化学の世界なら実験をして再現すれば良いし、思想や論理ならあちこちの本を引っ張り出してこねれば、だいたい良い(笑!)。だけど、頭の中の感じることを捕まえることは難しいのです。言ってみれば<保健所に検便を持って行けば、寄生虫がいるかどうか証明されますが、殺人犯が本気の殺意を持っていたかどうかを、頭の中を調べることは難しい>からです。状況証拠を並べるしかないのです。んんん・・・・、穴掘りボーリングをあちこちして、数万年前からの地下水(潜在意識)を調べる様な物(ちょっと違うかな??)。理屈じゃない?、、余計分かりません!。

 僕は人にとって正しい思想・理論があるわけでなく、もしあってもそれによって、人は動かない。人は感覚や<心地よい世界>に引かれて理論や思想が出来、それが心地よいものなら、惹かれて行動する、と思っているわけです。ですから絶対的正義は無いと言うことですね。では何故論理・思想が必要かというと、これから向かうべき心地よさの目標みたいなもの。でもそれに向かって、急には変えられない。そこの頭と体のズレ〔差異〕がストレスの元で、進化の必須アイテムなのです。(分かっちゃいるけど止められない)。ですから、ここでは人の行動は論理では無く、その論理の下に眠っている物を認識し、認識する事によって様々な問題を<何とか>しようようとしているわけです。
 
 知識と感覚は違うのです。<百聞は一見にしかず>と言う言葉がありますが、百閒しても一回の経験には及びません、と言うか質が違うのです。シベリアの寒さをテレビで千回見ても、実際の感覚は分かりません。何十回も食べ物のテレビを見ても、自分のお腹は満たされません。何万回もエッチの動画を見ても、一回の実際のエッチの快感とは何かが違う、のと同じです。何故ここでエッチの事を出すのかと言うと、メチャ分かりやすいからです。女性は男性の歓びをいくら聞いても分からないし、男性はいくら聞いても女性の歓びが理解できない。同じ男性でも赤いハイヒールで踏まれる快感は分からないのです。
 

 感覚とはそういうものなのです。ここでマリオの法則<知識によって感覚を知る事は出来ないが、感覚に因って知識を得る事は出来る。知識は共有する事は出来るが、感覚は共有することは出来ない>。 めんどくさそ~~!、のっけから引かれたかな?。まあ良いか続けるとすると。つまり、言葉は感覚を共有するための道具として生まれた。そして、人は集団になるんですね。

 個人だけではなく、集団がする行動も〔会社・国家など〕、その共通する感覚によって作られます。難しいものです。なぜならば(日本人で言うならば)<日本は日本人の共通して持っている認識によって動かされている>からです。周りを見ても違いが無い事は、自分達では分からないのです。人類で考えるならば、<人類は人が共通して感覚・認識しているものによって動いているので、人類以外のものから人類を見てみよう>と言う感じです。難しい!。と言うわけで、社会でよく起きる事は、その人々が持つ共通の感覚・認識から来るものと考え、見て行きます。取りあえず、人はいくつものグループの中で暮らしているわけですから‐国とか友達とか家族ですね。それを全体で言う場合<集団>と呼ぶ事にします。

 これから言う<依存>は、薬など物にでは無く、人に対するものです。この<依存>は<支配>の反対では無く、<依存する人は支配しようとし、支配しようとする人は依存している>と言う意味です。後で述べますが、簡単に言うと<王様は家来を支配しているけれど、家来がいないと、何も出来ない。家来の顔色を伺い、家来に依存している、と言えます。家来は王様の命令が無いと何も出来ないので王様に依存、王様に不満の時は、不服の態度を示し支配する事も出来る。つまり、一人が両面をもち、持ちつ持たれつ、の関係・サマを言います。
 先日、新宿の女王様が風営法違反で逮捕されました。女王様いわく「生活のためにやった」。何故か笑える!。女王様は黒い網タイルと赤いハイヒールで男を支配し、女王様は男奴隷の払う生活費が無ければやっていけなかったのです。あなたの家の女王様はムチを持っていないだけなんです。えっ・・!お宅の女王様もムチ持ってるんですか?。



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関本塾 岡崎市

Author:関本塾 岡崎市
愛知県の山奥生まれ、岡崎市に住んでます。そば屋を27年、足つぼマッサージ7年、三味線も弾きます。
 趣味はたくさん、山登り・音楽(作詞・作曲)・オートバイ・旅行(バックパッカー)・手作り工作・猫のミーちゃん・生物医学、などなど、
 癌になって気付きました。心と体の開放(生き生きする事)が1番大事だって!!

Google自動翻訳
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード