民族自決は正しいか?


38 民族自決は正しいか?
 民族自決の原則。これは第2次世界大戦後の欧米列強によるアジア・アフリカなどの植民地からの、独立運動でさかんに使われました。以前は正しいと思っていました。自分達が独立し、自分達の国家を作る。筋が通っている。数千年の悲願であったりもする。けど、どうも怪しくなった。その自分達民族とは、元々はあいまいなもので、自分達の都合の良いように解釈するのです。世界一強固な民族団体である、あのユダヤ民族でさえ、何がユダヤ人なのかで未だにもめています。決められないのです。

 少数の民族が多数の民族により弾圧・抑圧されていたので独立する、しかし独立しても、自分達の中に、又少数民族を生み出してしまう。そして又独立しても、その中から又少数民族を作ってしまう。旧ソ連であちこちで起きている民族紛争がそうです。紛争が絶えない。

 自決は民族の中身により正しい場合もあります。しかし、こうした問題は、民族差別を無くす事から取り組むべきで、単に独立すれば良いという問題でもないのです。平等な国家社会を目指すべきなのです。地域的な民族問題もあります。チベット・スコットランドだけでなく、沖縄やカタルーニャ・タミルなど歴史がある問題もありますが、地域自決もそうです。いずれにしろ根本的には、民族差別ではなく、人種差別と捕らえるべきなのです。そして<大きなゆるい社会>を作るべきなのです。民族で以って訴える、強い団結は流血を呼ぶのです。フツ族もツチ族も、ウクライナも日本と朝鮮・中国も、どう見ても違いが無い(欧米から見れば特に!遺伝子も)、事柄にこだわる背景を知るべきなのです。

 今のウクライナ内戦は元々ウクライナ民族主義が起こした抗議活動に対するものでした。しかし、結局は民族主義の願いである民族強化が出来ずに、ロシア人の多い国土を分割され失いました。民族主義者の彼らにとっては、非常に屈辱的な結果となったのです。民族主義が強まれば強まるほど分裂するといういい例だと思うのですが・・・。。
 ですから、民族自決の原則は、次の分裂までの間が平和と言う事になりますね。民族は<民族とは個人の思い>にするべきなのです。

 今後、人類が数千年生きられるかどうかは、この辺の選択にかかっているんです。選択は2つです。地球規模の大きくてゆるい連合体のような社会を作って行くか、又は、文明をセーブして地域・大家族のような小さなグループ単位の社会、自給自足の小さな強固な社会・小国家を作って行くか、のどちらかです。どちらの社会でも巨大な兵器は無くなります。地球規模の社会では大きな武器を持つ必要が無く。部族のような小さな国家は巨大な武器は持てないからです。

 マスコミやアカデミックな学問の中にこういった発想や、提言がない事を残念に思います。今や日本人の28人に一人が外国の人と結婚しています、元々中国・朝鮮・アイヌ・クマソの混血です。海外においてはもっと多い。南アメリカでは90パーセントが混血です。血縁に基づいたピュアな民族など存在しないのです。だから私は大きな声で言いたい<民族で語るな、個人で語れ! 民族なんて言うなああーーーーあ!、固有な文化を持つ人達と言うんだああーーーーあ!>。
 自ら民族と言う<村社会>から出ようとしなければ、民主主義は来ないのです。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関本塾 岡崎市

Author:関本塾 岡崎市
愛知県の山奥生まれ、岡崎市に住んでます。そば屋を27年、足つぼマッサージ7年、三味線も弾きます。
 趣味はたくさん、山登り・音楽(作詞・作曲)・オートバイ・旅行(バックパッカー)・手作り工作・猫のミーちゃん・生物医学、などなど、
 癌になって気付きました。心と体の開放(生き生きする事)が1番大事だって!!

Google自動翻訳
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード