<みんなの遺伝子がこの社会を作っている>

 
 生物の定義はいろいろあって決められませんが、私はメタポリズム〔同化と異化(狭義では代謝)〕だと規定しています(ウィルスはチョット違うけどね)。生物はエネルギーを取り込み、様々な形でそれを放出します、しかし、エネルギーを少しだけ余分に蓄えるシステムです。エネルギーを蓄積し、自己再生のエネルギーとし、余分に蓄えたエネルギーに因って、以前より数が増えて行くシステムです。これが地球型生物と言う事だと思います。このシステムに因って、植物は大きくなり林が森となり。昆虫や動物は子供を生み数が増えていきます。生物がいくら進化してもこのシステムは変えられません。地球上のあらゆる生き物は(今の所ですが・・)このシステムで動いているのです。植物も動物も遺伝子の半数は共通していると聞きましたが、元は一つの生命だったんでしょうか、面白いですね。

 つまりいくら人間ががんばっても、この次元世界から逃れられません。人間は他の生物と違って、自分の肉体以外のものに、自分の行為をさせたり、置き換えをしたりしています。自分がするの代わりに、他人や機械にしてもらって自分は楽をしようというわけですね。そうして文明を作ってきたのです。ですから、文明のシステムは、社会の構造もコンピューターの(ハードもソフトも)システムも、細胞や体のシステムとほぼ同じに作られているのです。

 使いやすい道具とか、分かりやすいパソコンとは、人のシステムにより近いと言う事です。人が理解し易いと言う意味は、自分の中に同じような物をすでに持っている事です。ハードディスクやメモリーは、脳の記憶回路が現在の情報量を蓄積できないので、その代わりに作った、それだけ情報を貯めたいのです。それも同化です。自分のパソコンのデータを見て下さい、それがあなたの脳なんです。テレビ・ラジオもインターネットも、あなたの細胞が欲しているから存在しているのです。

 つまり人間の社会システムや思考・行動は、人が単細胞であった30数億年前の生き物の構成に因っています。生命の誕生以来幾度かの絶滅の危機を乗り越えて、現在の人類が生き延びている事に驚きを感じます。

 この生き延びてきた生命は、世代交代という環境に応じて個体を変える事と、種を維持するために情報を伝え合うという、方法を採ってきました。それが遺伝子の変異と雌雄の違いを作ってきました。(この辺詳しく書くと別な読み物になるので割愛します)。私はこの情報を取り込み、共有化するシステムを同化という言葉で広い意味で使っています(食べて大きくなる事も同化です)。 

 人類の雌雄が出来て3億年経っているようですが、それ以前の生物も、様々な単細胞生物も何らかの手段で情報を交換し、<同じであろう・種として維持しよう>というのが生物の宿命です。個体の雌雄差が出来たのは、結婚してコピーを作るという事です、優秀な遺伝子を交換して同じであろうとします。

 生物として同じであろうとする限り、人類にとって差別や支配は生物的な営みではないのです。と言うのは、人間は個人(個体)では生を語る事では不十分で、個の生+種の生命と2つの生に因って出来てるからです。ですから、自分の仲間は食べないし、殺さないんです。逆に考えると、支配し差別が遺伝子由来のものならば、それらはいつでも互いに争いあい、生存は難しいのです。戦争好きが遺伝子由来なら、人類は戦争ばかりして文明は持てないし、とっくに滅んでいるのです。

 映画で悪い支配者がやっつけられるのを見て感動したり、戦いの末自由を得た人間を見て感動するのは、そうした生物としての元々の感覚なのです。ですから逆に、今、人の自由を奪っていたり、人に対して差別している人は、その時点で自分の生に対して満足できないでいるのです。または不安に感じているのです。いつ自分や家族を殺されるかの不安を抱えながら生きるのは、支配で得られる快感より辛いのです、結局枕を高くして寝れない。私怨の無い殺人は、本来出来ないのです(戦争の事です)。

 たぶん1万年以前までは、人の営みは10~200人程度の集団で700万年ぐらい続いていたのだと思うのです。それが急に現在、1億の単位になって、上手く集団を動かす能力が無いのです。今の我々人類には無いのだと思うのですが・・、その新たな手段として民主主義制度が生まれたのかもしれません。人類は元々同じになろうと言う力(理解し理解されよう・認め認められようとする力)が働いている限り、平等や平和を求めそれに近づこうとするのです。(ただし、食料が十分に無かったり、狭い所に閉じ込められると状況が変わってきます)中国も共産党支配・北朝鮮の独裁もいづれ終わるのです。崩壊の理由は、それは支配者自身が苦しいからです。

 では何故、様々な軋轢がおき争いが起きるのか?と言いますと、生物には(同化の他に)もう一つ重要な要素があります。それは自分と他を区別すると言う事、<異化>です。細胞レベルで言うと細胞膜が外の世界と自分とを区別することですが、人間になるともっとズーット高度(?)になって、自己と言う認識が生まれます、<私>です。他者を区別し排除する意識の元ですね。そして、<私>という認識から、<私達>と言う、擬似的な自分の拡大版の世界が生まれるのです。人間はそこに住んでいるのです。<私>の世界ではなく、<私達>の世界です。

 その<私達>の世界が<依存と支配>の世界です。その世界を広げる・その認識や理解の質やズレを課題として、他者の世界を認識して行く事が自立(正確に言うと自立という感覚)です。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関本塾 岡崎市

Author:関本塾 岡崎市
愛知県の山奥生まれ、岡崎市に住んでます。そば屋を27年、足つぼマッサージ7年、三味線も弾きます。
 趣味はたくさん、山登り・音楽(作詞・作曲)・オートバイ・旅行(バックパッカー)・手作り工作・猫のミーちゃん・生物医学、などなど、
 癌になって気付きました。心と体の開放(生き生きする事)が1番大事だって!!

Google自動翻訳
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード